生え際の後退を食い止める方法

生え際の薄毛対策には、体の中から栄養をとることも重要です。ここでは髪にいい栄養について紹介します。

生え際の後退を食い止める方法 > 生え際の薄毛に効く食べ物は?

生え際の薄毛対策には、体の中から栄養をとることも重要です。ここでは髪にいい栄養について紹介します。

生え際に効く食べ物はあるの?

生え際だけに効く食べ物があるかと聞かれればそれはありません。

というのも髪が作られるために必要な栄養は髪の部位に関わらず同じだからです。

ではどのような栄養素が必要なのかというと以下の3つが特に重要です。


「タンパク質」「亜鉛」「ビタミンB群」


それぞれ具体的に見ていきます。


「タンパク質」
髪を構成している9割以上がタンパク質の1つである「ケラチン」でできています。

タンパク質をとればそのままケラチンになるということではありませんが、それでも髪を作る上では必要な栄養素です。

髪だけではなく、筋肉や爪など私たちの体のすべての部分がタンパク質がベースになっているので欠かせない栄養素です。

最近は筋力低下が問題視されていますが、実はこのタンパク質不足によるところが大きいです。

薄毛に悩んでいる人以外にもタンパク質不足はあるんです。


「亜鉛」
タンパク質の次に重要なのが亜鉛です。

先にタンパク質を摂ってもそのままケラチンにはならないと書きましたが、食べ物を食べたら一旦体内で細かく分解されてそれを内臓で吸収します。

その際に体内の酵素や他の栄養素と結びつくことにより髪の毛や筋肉などになります。

この時にケラチンになるために必要なのがタンパク質と亜鉛です。

タンパク質だけだとケラチンを作ることができないので亜鉛が必要になってくるんです。


「ビタミンB群」
タンパク質と亜鉛が合成されてケラチンになりますが、髪が作られるのはそのケラチンを作り出す毛母細胞が活発になるためです。

ビタミンB群はこの毛母細胞が分裂するのを活性化します。

またビタミンB群には血流をよくする効果もあります。

何故血流がいいとこが育毛につながるのかというと、頭皮の一部には筋肉がなく、ただでさえ栄養が届きにくい環境だからです。

頭皮マッサージなどが有効な理由もここにあります。

自然な状態だと血行が悪く、栄養が届きにくいので外部の力で栄養を届けてあげるのです。

ビタミンB群はこの内部の動きをサポートしてあげるようなイメージです。

どのような食べ物に多く含まれているの?

これも順に見ていきます。

「タンパク質」
タンパク質は肉やタマゴ、乳製品など動物性のものに多く含まれています。
ただし、これらは総じて脂質が高いことが多く、動物性のタンパク質ばかりになると脂質のとりすぎになってしまいます。
そこで合わせて摂りたいのが植物性のタンパク質です。植物性のタンパク質はアミノ酸スコアが低いことがネックですが食べ合わせなどで補うことができます。
例えばご飯と納豆などはそのいい例です。理想的な配分としては動物性:植物性を半々くらいで食べるのがベストです。
また1日の摂取量は体重g分です。
60kgの人であれば1日に60gのタンパク質を摂る必要があります。
脂質も少なく、タンパク質が多いのは鳥のむね肉です。また植物性のタンパク質でいうと豆類がオススメです。
枝豆はアミノ酸スコアも高く、大豆はイソフラボンの効果が薄毛の予防にも効果的です。


「亜鉛」
これはおそらく一番日常生活の中ではとりにくい栄養素です。
gあたりの含有量が多い食品は牡蠣ですが、これを3個食べる必要があります。ちょっと現実的ではありませんよね。
他には牛肉に多く含まれていますがこれも250~300gを摂取しなければ必要量は足りません。毎日ステーキも食べられませんからね。
必要量は1日で10~12mgです。毎日摂るのであればサプリメントを使うのが現実的です。


「ビタミンB群」
群と表記しているのはビタミンBも沢山種類があるからです。
ビタミンB群で特にビタミンB6やビオチンです。
ビタミンB6はカツオやサンマ、バナナなどに多く含まれており、ビオチンはレバーに多く含まれております。
それ以外も必要なビタミンはあるので、これもサプリメントを摂るほうが毎日不足なく摂取できます。

効率的に摂取するには?

効率よく摂取するにはサプリメントなどの服用が欠かせません。

こういった話をすると、食べ物から摂取する!と頑なかたがいますが、実は食べ物の栄養素自体が以前と比べて下がってることを知りません。

確かに以前と同じような栄養素を今の食品ももっていれば、サプリメントに頼る必要はないかもしれませんが、実際問題栄養価が落ちているのでそれは別の方法で補うしかありません。

タンパク質も普通の生活をしていると1日に体重分の必要量を摂取するには難しいのでプロテインの服用がオススメです。

最近はダイエットやトレーニング以外にも栄養補給でプロテインを摂取している人が増えています。