生え際の後退を食い止める方法

ミノキシジルやフィナステリドは確かに効果はありますが、その反面怖い副作用もあります。ここではその副作用について紹介します。

生え際の後退を食い止める方法 > ミノキシジル フィナステリドの副作用って?

ミノキシジルやフィナステリドは確かに効果はありますが、その反面怖い副作用もあります。ここではその副作用について紹介します。

ミノキシジルの副作用って?

ミノキシジルは日本では唯一発毛効果があるものとして厚生労働省に認められております。

そしてミノキシジルを主成分としているものは国内のものだとリアップだけです。

その為「発毛剤」と呼べるのはリアップだけなんですね。

ただし、薬なので副作用があります。

具体的には肌の炎症やむくみなど。

すべての人にでるというわけではないんですが、やはり怖いですよね。


そしてもう1つミノキシジルで知っておきたいのが、内服のほうが効果があるということ。


もともとミノキシジルは高血圧症の方向けに処方されていた薬です。

そこで処方されていた患者さんの多くで多毛症の症状が見られたので、いまでは育毛にも使われるようになったんです。

そしてこの多毛症の症状がでたのは内服するタイプのミノキシジルです。

海外では内服用のミノキシジルも販売されてますが、国内ではその副作用の危険性から認可がおりてません。


内服のミノキシジルは外用のミノキシジルよりも効果がある反面、副作用も大きいんです。

具体的には全身の毛が濃くなったり、心臓に負担がかかったりします。

動物の症例ですが、心臓が破裂して死亡してしまったという事例もあります。

何れにせよ怖い症状ですよね。

外用であればそこまでの副作用もでないというのはありますが、やはり使用は避けたいです。

フィナステリドの副作用は?

フィナステリドにも副作用があります。

あ、フィナステリドというのは成分の名前で製品としては「プロペシア」とか「フィナーロ」とかっていう名前で販売されていることが多いです。


で、フィナステリドの副作用なんですが、これもミノキシジルと同じく元々は他の用途で使われてました。

それは前立腺肥大症を治す薬です。

そこに5αリダクターゼという脱毛ホルモンを作り出してしまうきっかけになる酵素を抑える働きが見られたので薄毛治療で使われるようになりました。


もとが前立腺肥大症の薬なので何も問題がない人がつかったら性欲の減退といった副作用が置きます。

またそれだけではなく、軽いうつ症状や集中力の低下、脱力感など地味ーにきつい副作用があります。

どちらかというとこの地味ーな副作用を感じる人のほうが多いようです。

またこれは他の薬でも同じですが、肝臓で薬を分解するので負担がかかります。

アルコールとの併用はもってのほかです。

より肝臓に負担もかかってしまいますし、フィナステリド自体に効果も正常に働くかどうかが分かりません。


フィナステリド、ミノキシジル共に毎日摂取する必要があるので、アルコールとの併用ができないというのは厳しいかなと思います。
(個人的には無理ですね(^_^;))